分業委員会

担当副会長:小西弘晃

委員長:横田秀太郎


医薬分業は薬歴管理による処方の2重チェック、薬剤に関する十分な情報提供、副作用の発見等、より適切な医療が受けられるように勧められてきました。
近年では院外処方発行率でみると千葉県は70%を超えています。
これからは医薬分業をさらに満足度の高い医療システムとなるように努めていかなければなりません。
そのために医薬分業委員会では下記の事業を主に活動しています。

・スキルアップ研修会
医薬分業を推進していくには薬剤師としての専門性が重要となってまいります。
薬剤師の職能をさらに発揮できるように、個々の薬剤師のスキルアップのための研修会を企画していきます。また薬局を業務運営するために必要な支援を行います。

・後発医薬品使用促進対策
調剤報酬改定の度に後発医薬品の使用促進を求められていますが、まだ国の目標には達していません。
医療費削減には薬剤費の占める割合が大きく、薬剤師に期待されている点でもあります。
委員会では後発医薬品使用を推進できるよう薬局を支援し、医療機関や関係諸団体に働きかけていきます。

・その他
医薬分業を支える大きな1つとして医療機関に設置されているFAXコーナーがあります。
その運営について調査を行います。